恋愛 婚活

自称イタリアン男の恋愛ブログ

MENU
2015/04/16 08:36:16 | 恋愛編
僕は数年前、某有名婚活パーティーに参加しました。もちろん婚活目的です。婚活のために服装にも普段より力を入れてコーディネートしました。婚活の服装で参考になるサイトはこちらからどうぞ。⇒http://mens-fashion-party.com/会場ではプロフィール記入用紙を渡され、趣味や仕事、年収等を記入。男女それぞれ20名くらいが参加していました。男女がお互い向かい合い、プロフィールを交換し、それを見ながら数分間話します。時間が来ると隣の席に男性が移動し、次の女性と話す…この繰り返しです。全ての男女が話し終わると、主催者から投票用紙を渡され、意中の相手の番号を記入。回収の後、ペアになったカップ...
2015/04/16 08:35:16 | 結婚編
私は、大学生の頃から結婚願望が強く、ずっと結婚をしたいと思っていました。それは、父親がずっと単身赴任で、家庭のぬくもりを知らずに育ったことが原因だと思います。だから、ごくごく一般的な家庭というものに憧れを持っていたのです。しかし、その思いとは裏腹に、付き合う彼氏はみんな結婚願望が薄い人達ばかりでした。大学を卒業したら、すぐにでも結婚をしたいと思っていたので、焦っていました。その焦りが彼氏に伝わって、別れたこともあります。私自身も、結婚願望がない人と付き合っていても、自分が歳を取るだけで、時間の無駄と感じました。しかし、その後彼氏ができても、やっぱり結婚という話にはならず、上手く行きませんでした...
2015/04/16 08:32:16 | 恋愛編
大学生の頃、高校時代の親友と同じタイミングで彼氏が出来ました。その頃、大学は離れてしまった親友とは恋愛相談をしており、私の元カレと親友は似た様な趣味があったので会わせるということはなかったものの、お互いを紹介して連絡先を交換していました。暫く私と元カレは付き合っていたものの、私が精神的にバランスが取れない時期があり、元カレとは別れました。その後、復縁の話もあったのですが、その頃は忙しくて復縁する気持ちがなかったので断っていました。親友には別れてからも、元カレのことは相談や話を聞いてもらっていましたし、その逆もありました。親友も当時の彼氏とは少しして別れ、私たち自身は非常に仲良く時を過ごしていま...
2015/04/16 08:31:16 | 結婚編
彼は、8歳年下の人でした。私は30代前半で結婚を考えていましたので、こんなに私より若い人とはありえないと思って、彼とは絶対に付き合わないと思っていました。でも、何度か食事にいったり飲みに行ったりしているうちに、彼の誠実な態度と年齢からは考えられないくらいしっかりしていることが分かってきました。彼とお付き合いすることにした決定打は、まだ彼と付き合う前に、彼のお母さんが彼に電話をしてきたときに、彼が私のことをお母さんに話していたので、この人とは素敵な家族ができそうだなと思ったからです。そのあと、彼と二人で住んでいましたが、彼のお母さんが、お母さんの母国にしばらく帰らないといけなくなり(彼のお母さん...
2015/04/16 08:30:16 | 結婚編
もう気付けば30歳手前。アラサーの私はバリバリ仕事をする独身。結婚したいけど、なかなか出逢いもないし仕事も楽しいし、でも結婚したい。親も結婚を言うてくるし、周りからも結婚・結婚言われる。そんな時、いきなり母が”この人とお見合いしてみない?”絶対嫌!お見合いなんて嫌!うちの母もお見合い結婚そして今も仲良し夫婦・仲良し家族です。出逢い方なんてどうでもいんだろうけど、お見合いだけは嫌だ!と拒んでいました。そんな中、仕事の方でアメリカで仕事を見に行ってみないかと言われたんです。これは何でしょう最高のチャンス!でも親に言うと絶対反対だろうなぁ仕事を取るか、お見合いを取るかという決断に至りました。親孝行は...
2015/04/16 08:28:16 | 恋愛編
私は結婚暦もあり、バツイチなのです。彼は独身者で、今までになんどかの恋愛の経験ある人です。その二人が歳の差はあるにしても、お付き合いをするようになりました。彼のおとなしそうで、そのわりには、物事はよく分かり、判断力のあるところに私はひかれました。初めは、職場でタバコを吸う仲間くらいでした。だんだんとタバコを吸う仲間から、恋愛関係となったのです。彼とはひとまわり位の年齢差があります。私の方が年上ですから、私自身が辛抱してお付き合いが上手くいくところもあるのです。ラジオでプロの女のスポーツ選手が、私と同じ考えを言っていて耳をすまして聞いたことがあるのです。女の人の方が年上の場合、結婚生活などでも腹...
2015/02/09 08:38:09 | 結婚編
わたしが、今のパートナーである旦那様と出会ったのは、4年前の22歳になる夏の日でした。今日も、1日終わったな、と帰る準備をしていた所とあるバーでアルバイトしていたわたしは、店長が連れてきた数人のなかまたちのお相手をすることになりました。その中の、好青年風な無口な男性が今のわたしのパートナーの旦那様でした。最初は、話かけても、話かけても、目も合わせない彼に、不信感と、余程わたしを気に入らなかったんだろう。と勝手に確信していました。その日は、店を閉める直前だったので、とくに話題も盛り上がらず店長が連れてきた数人のなかまたちは帰っていきました。とある日、ひとりで夕方、歩いていると、何度も知らない番号...
2015/02/09 08:36:09 | 結婚編
高校時代から付き合っていた彼と24歳の時に結婚しました。お付き合いして7年が経っていたので、私が結婚したかったのもあり、すぐにお互いの両親に挨拶に行きました。もう両親も公認の仲でしたので、話しはスムーズに進む予定でした。彼の父親は、アルコール依存性、母親はその影響でうつ病を抱えていました。私は愛情溢れる家庭に育ち、理解し合えない人間関係なんて無い、と思っていたので、彼の両親について、彼が良く思っていなくても大丈夫!と言う感じで考えていました。彼が設計士と言う事もあり、彼の勤めている会社にお願いして、二世帯住宅を建てないか?と言う話が出て、私たちは同意しました。私も楽器を演奏する仕事なので、有り...
2015/02/09 08:35:09 | 結婚編
非正規で働いて、雇用期間が満了すれば旅行で3カ月ほど出かける生活をしていました。出会いは多いのですが、実際結婚には結びつかない恋愛ばかりでした。出会いがあっても結婚とはあまり関係ないと思います。今の主人とも短期間の派遣先で知り合い、その期間終了前に主人にほかの仕事が決まり、それが他県であったためついていく形で結婚しました。しかしそこからがたいへんで、主人は預金がまったくないばかりか借金を踏み倒したようでそのへんの収支管理ができない人でした。すぐに関係は悪化し、妻である私が実家へ戻ったり主人の住まいへ来たり、という往復生活でした。さらに主人が職場を切られてしまい、無職になりました。当然私の実家の...
2015/02/09 08:34:09 | 結婚編
3年付き合った彼と結婚をすることになり、準備は着々と進んで行きました。両親に挨拶をして、結婚式場を決め、結婚式の日取りをきめました。それから結納を行い、結婚式場の人たちと一緒になって準備を進めていきました。私のドレスの予約も済み、招待状も発行しました。そして、結婚式の3か月前に、新居とするアパートも決め、二人で引越しました。一緒に住むようになって、気になったのが、彼宛てにカード会社からの郵便物が多いということでした。けれどもいろんなカードを持っているんだな、くらいにしか思いあまり気にしていませんでした。そんなある日、私は間違って彼あてのカードの請求書の郵便物を開けてしまいました。同じカードを持...